コロナ禍の夏『土用の丑の日』駆け込み「うま重」販売開始

土用の丑の日は

新宿駆け込み餃子! コスパ最強の「うま重」が人気

【土用の丑の日】2021年はいつ?7月・8月にうなぎを食べる意味

今年2021年の土用の丑の日は?2021年は7月28日(水)

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のこと。本来は夏だけではなく、立春・立夏・立秋・立冬の直前に、年4回あります。

「土」は、種をたくわえ、芽を出させるという土の働き(土用)に着目して、4分割して割り振られたのです。つまり、運気が変化する時期ということですね。

では「丑の日」は?というと、干支(えと)の十二支からきています。

十二支は年にもありますが、1日にもあり、12日ごとに繰り返されます。すると約18日間の土用の期間中に、丑の日が1~2回発生します。これが土用の丑の日。

日本では丑の日を特別な日とする習慣があって(丑紅など)、特に梅雨明けに重なる夏の土用の丑の日は、重要な日だったのです。

この日は、体をいたわり精が付くものを食べることが行われてきました。昔の人は、季節の変わり目が気を付けるべき時期であることを経験的に知っていたのでしょうね。

夏の土用(夏土用)は、毎年だいたい7月19日~8月6日です(年により1~2日ほど日付が前後します)。土用が終わると、翌日が立秋。

1回の土用の中で2回目にめぐってくる丑の日を「二の丑」と呼びます。二の丑が発生する確率は、だいたい6割ぐらい。うなぎが2回食べられますね。


8月13日は餃子の日

駆け込み餃子の餃子の日は餃子が食べ放題

是非この機会に餃子を思いっきり堪能してみて下さい

ご予約はホームページからも予約可能です。


夏のギフトは肉汁たっぷりの餃子が人気

https://store.shopping.yahoo.co.jp/s-kakekomi-gyoza/

Yahoo通販サイトをご利用ください

特集
月別記事
話題のキーワード